スロット まどかマギカ2

スロット まどかマギカ2

Bloggerの推奨事項:

  • 気配察血
  • pia柏
  • クラップス 杉田
  • ゴッドイーター 終了画面
  • パチスロ 鬼武者
  • そのくぼみに梅干しとたくあんが詰めてある

    相変わらずお母さんは芸が細かいなと感心することしきりだ

     直美も私のお弁当箱を覗き込む

    「やっぱり和佳子のお母さんっていいお弁当作ってくれるよね」「細かいところまで作り上げてくるのって一種の病気なのかな」 とぼけながら私は香苗のお弁当箱を確認した

    あなたも好きかも:スロット 100万分の1
     ふりかけ弁当にシュウマイとミニグラタン、スパゲティとポテトサラダが入っている

     私はシュウマイに目がない

    久しぶりにポテトサラダを食べたい気分だ

    「ねぇ香苗、シュウマイと唐揚げを一対一でトレードしない? あとポテトサラダと中華サラダを少し」「異議な〜し! トレード成立っと♪ じゃあ箸に口をつける前に交換しよ」 香苗がお弁当箱をくっつけるように寄せてくる

    慣れた手つきでちょちょいと交換していった

    「皆ほかにトレードしたいおかずない?」「私はないよ」 直美を始め四人ともとくに希望はないようだ

    あなたも好きかも:けもフレ パチスロ
     それを確認した香苗が手を合わせた

    「それじゃ、皆で一緒に――いただきます」「いただきます」 私は早速頂いたシュウマイを頬張る

    冷めているけど肉汁があふれ出た

    「このシュウマイうまいよ香苗」「この唐揚げも相当なものね」 六人で談笑しながらお昼ごはんを食べていった

    ―――――――― とまぁこのくらい書けば小説のシーンらしくなりますかね

     「改めて私のお弁当箱を見る