エヴァンゲリオン 30パイ

エヴァンゲリオン 30パイ

Bloggerの推奨事項:

  • モンハン 壁紙
  • バジリスク ~甲賀忍法帖~
  • カイジ2
  • マインクラフトドラクエ
  • つゆきまどか
  • 俺も内心ビビってるけどさ……」「だってぇ……」 レイは怯え、ライにしがみつくよう歩いていた

    本当にこのような雰囲気と空間が苦手なのだろう

     そんなレイに向け、ライは歩き難《にく》いと意見する

    かく言うライも内心ビビっているので説得力は無いが、レイよりは落ち着いている様子だ

    あなたも好きかも:引き戻し スロット
    【ったく情けねえなあ……俺を宿している魔族と勇者の野郎が残した血族がこのザマとはよ……

    特にお前

    お前は魔族なんだからよ、闇は魔族にとって安らぎを与えるモンだ

    そろそろ慣れても良いだろ?】 そんな二人を見た魔王(元)は、呆れながら言った

    魔族という種族は、基本的に闇を好む

    中には例外も居るが、その殆《ほとん》どは暗闇を好いているのだ

    あなたも好きかも:パチンコ パンク 意味
     にも拘《かかわ》らず、基本的に闇を恐れているライが魔族らしからぬと気になっているのだろう

    (そんな事言ってもなあ……まあ確かに最近は暗闇でも視界が明るくなって来ているけど……まあ、取り敢えず慣れていくさ)【ああ、そうして貰わなければ『俺が困る』

    俺自身の力をフルに使えないからな】 魔王(元)の言葉に内心で頷くライ