島漢 スロット モード

島漢 スロット モード

Bloggerの推奨事項:

  • ブック1st
  • guradhiusu
  • エグザイル 映画
  • 思い知る
  • エンジェルシュート
  • 「その意気やよし」 声は、背後から聞こえた

    (な――?) オズフェルトは、視界の中心に聳えていたはずのワールドガーディアンの姿が消失していることをいまさらのように知り、同時に、全身が砕け散る音を聞いた

    オズフェルトが、自分の身に起こった非常事態を理解したのは、全身に生じた途方もない激痛と、真躯ライトブライトの巨躯が音を立てて崩れ落ちていくのを知ったからだ

     ライトブライトの全身を包み込む強固な装甲が、一瞬にして切り刻まれたのだ

    あなたも好きかも:パチンコ マシな台
    装甲だけではない

    甲冑を着込んだ肉体そのものが徹底的に切り裂かれ、破壊され尽くした

    あなたも好きかも:鉄拳 スロット やめどき
    粉々に打ち砕かれ、跡形すら残さない

    ぼろぼろに砕け散り、音を立てて崩れ去る

     地に残るのは、塵芥のような救力の残り香であり、オズフェルトは、ただの人間として立ち尽くしている自分に気づかされた

     そして、天地を支える柱のように聳え立つワールドガーディアンの威容を目の当たりにしている

     ワールドガーディアンは、こちらを見下ろしている

    人間時の十数倍の巨躯である真躯、その数倍の巨大さを誇るワールドガーディアンは、質量ともに圧倒的というほかない

    ライトブライトとなって対峙したときですら感じた威圧感は、いま、全身を苛む激痛を忘れさせるくらいの圧力と迫力でもって、オズフェルトの前に立ちはだかっている

     ワールドガーディアンが、振り抜いたまま掲げていた極大剣を天に翳した

    すると、遙か上空より降り注ぐ陽光を浴びて、極大剣の刀身が鮮やかに輝いた

    ただでさえ神々しいワールドガーディアンの姿が、より一層、威厳に満ちたものに見える

    「だが、意気だけでは、我を越えることはかなわぬと知れ」 ワールドガーディアンの極大剣が回転し、剣先が足下の地面に突き刺さる