スロット 100万

スロット 100万

Bloggerの推奨事項:

  • モンハン 毒武器
  • シュタインズ・ゲート アニメ
  • green hell 2ch
  • 真田 十 勇士 パチンコ
  • 投法
  • 視線で壁に叩つけられた騎士達を確認する

    防御が間に合い、命の危険にはいたっていない

    だがそれでも今の紫の魔王の一撃は一切の躊躇もなく騎士達を殺めようとしたものだ

    「待てっ!ここで暴れたらどうなると思っている!?」「おお、イリアスか

    あなたも好きかも:カシノ ナガ キクイムシ
    丁度良かった

    コレ止めてくれんかの?」「言われなくとも

    紫の魔王、お前が向かったところでどうする!?」「――だから何?私は彼に会いたいの

    あなたも好きかも:加須 パチンコ 求人
    それを何故他人に止められなければならないの?彼を護ることすらできなかった貴方には、私を止める権利があるというの?」「それ……は……」 彼に会いたいという紫の魔王の気持ちは、痛いほど理解できているつもりだ

    あなたも好きかも:犬夜叉 スロット かごめ怒り
    私の言葉では絶対に諦めることはないだろう

    ならばどうする?私は紫の魔王を斬らねばならないのか?彼がそれを知ったら、どう思うだろうか

    剣を握る手が、思うように上がらない

    「いや、あるじゃろ

    ここターイズの敷地内じゃぞ」「煩いわね」 紫の魔王の衣類となっている悪魔の腕が金の魔王を跳ね飛ばす

    金の魔王はこちらの方へと飛ばされ、思わず受け止める

    「おい、金の魔王!防御結界はどうした!?」「張っておる

    『紫』め、足場ごと妾を投げおった」 金の魔王の立っていた場所はごっそりと抉れていた

    確かに足場への攻撃ならば金の魔王の結界は正しく機能しない

    本人へのダメージはなくとも、跳ね飛ばすくらいはできるだろう