ブラックジャック ワト

ブラックジャック ワト

伏見も渋々腰を上げたが、――右手首が重い

隣を見下ろすと、優樹が膝に置いている鞄をテーブルに置いて、せっせと紐を伸ばして左肩に掛けようとして右肩に掛けたりと、慣れない様子で動いている

その姿にイラッと眉をつり上げた

「トロトロすンなよ

さっさと動け」 グイッと手錠を上げて引っ張られ、優樹は繋がれている左腕を慌てて彼に合わせて上げるとガタッと音を立てながら椅子から立った

あなたも好きかも:パチンコ ペルソナ3 甘
ただでさえ身長差があるため、見下ろされ睨まれるとまるで怒られているようだ

……いや、たぶん怒られているんだろうが

あなたも好きかも:バカラ 鶯
 すっかり怯えて目を合わせられない硬直した優樹に、大介は鞄を肩から掛けながら呆れた目で伏見を睨んだ

あなたも好きかも:北九州 パチンコ 優良 店
「そいつに当たるなや

なんぼ流が嫌いか知らんけど、そいつは無関係やろ」「こいつが反町を腑抜けにした」「……それは否定出来ん」 クイッと顎をしゃくられた気配と大介のあっさりと認めた返事に、優樹は「うっ……」と分が悪く息を詰まらせて首を縮める

洋一は「はいはい、わかったわかった」と、ため息を吐いて彼らを促し、みんなと一緒に部室を出た

「さっむぅーいっ

加奈ちゃん大丈夫ぅー?」 冷たい北風に体を震わせ用務員室へと向かいながら華音が顔を歪めて訊くと、加奈はマフラーをしっかりと首に巻いて笑顔で頷いた

「ちゃんと防寒してれば平気だよ

制服の下、三枚着てるし」「マジで?」 ギョッとした顔で生美が振り返ると、加奈は笑顔で「ウソ」と答え、「なんや、正月太りかぃ」といたずらに笑って突っ込む一平の腕をパシッと軽く叩いた

なにやら和んだ雰囲気だが、その輪に交じる余裕は今の優樹にはない