ブラックジャック 青野武

ブラックジャック 青野武

 アスラであれば一瞬で用意できそうなもので、なぜそこまで時間がかかったのかは考助にはわからない

 他の女神たちも世界に直接影響を及ぼすためには、様々な条件を満たしていることを確認してから行っているので、そうした手続きに時間がかかっているのだろうと、考助は想像していた

 それは神々の事情であって、アースガルドで暮らしている考助にはほとんど関係が無いことだ

 考助としても時間をもらえるのはありがたいことなので、特になにも言わずにエリスからの連絡を待っていた

あなたも好きかも:沖縄 パチンコ店 爆サイ
  エリスから連絡を受け取った考助は、まずはコウヒとミツキだけを連れて拠点となるべく場所へと向かった

あなたも好きかも:無双 オロチ スロット ゾーン
 そこへ着いたコウヒが、珍しく感慨深げに呟いた

「ここが新しい拠点になるのですか」「そうね

まあ、ある程度はあの方も狙っているのでしょうけれど」 コウヒに続いてミツキも顔をほころばせながら辺りを見回した

 そこは、まぎれもなく考助が初めてこの世界に降り立ったところであり、コウヒとミツキに初めて出会った場所だった

 最初に話を聞いた考助も驚くのと同時に、嬉しさとなつかしさでコウヒと同じように、とても感慨深げになっていた

 ただし、いまの考助はそれどころではない状態になっている

あなたも好きかも:akb48薔薇の儀式 スロット
「ふたりとも気持ちはわかるけれど、まずは目の前の光景に驚かない?」 コウヒとミツキにそう言った考助は、しばらくその場に立ち尽くしていた

 当時は人工物などなにもなかった場所に、一軒の建物が建っていた

 目の前の光景を見て現実逃避している考助の頭でも、それがアスラが用意した拠点だということはわかる

 ただし、その建物は、考助が想像していたよりもはるかに大きくて、絢爛豪華な造りだった

 考助としては、あくまでも十人程度が暮らして行けるだけの広さを想像していたので、せいぜい少し大きめのお屋敷が建つのだろうと考えていた

 ところが、目の前にある建物は、大きさだけでいえば、一般的な学校ほどもある

 それにも関わらず、無骨な造りではなく、しっかりと外観も飾られているのだ

 外観の飾りは考助の趣味に外れないように、あまりごてごてとしたものではなく、どこかの国の「白い家」を思わせるような感じになっている