カジノ セレブタレント

カジノ セレブタレント

あなたも好きかも:パチンコ べが
そういう攻撃を康太は身をもって経験しているのだ

いうなれば耐性のようなものが出来上がっているのである

あなたも好きかも:パチンコ 怪談
この場合は経験からくる対処法が身についているというべきだろうが

「この状態ならお前が攻撃すると同時に俺も攻撃するからな

お前の持ってる攻撃じゃ対処は不可能だろ?」「・・・そうね・・・あー・・・また負けた・・・うー・・・!途中までは思い通りだったのに・・・!」康太と戦うにあたって文はいくつも行動を考えていた

作戦というには少々緻密すぎたかもしれないが、康太の攻撃に対する対処、康太の装備や戦力を削るために必要な行動などを一つ一つ考えていたのだ

その一つがウィルを封じるための行動である

結局ウィルを封じるには至らず動きを鈍らせる程度に収まってしまったが、あれも使い方によってはもっと別の結果をもたらしていたかもわからない

あなたも好きかも:ドラゴンクエスト カジノ 必勝法
「・・・で、あんたはいつまで馬乗りになってるつもりなわけ・・・?そろそろどいてくれないかしら?」「・・・いや、ちょうどいいから今言おうと思ってさ」「何を?」「ベル・・・いや文、好きだ」康太は馬乗りになった状態で自分の仮面を少しずらし、そして文の仮面を少しずらして互いに互いの目がわかるようにしてからそういった

文は一瞬呆けてしまっていた

康太がいったい何を言ったのかわからなくてその言葉の意味を反芻していく

そしてその意味を理解した瞬間顔を真っ赤にしてしまっていた

「あ、あああああんた!こんな時に言う!?このタイミングで言う!?なんでこのタイミングなのよ!」「いや、前から決めてたんだよ

一年経って、もう一回戦って、その後に言おうって」「ちょ・・・ろ、ロマンチックな感じ一切ないじゃないの!もうちょっとこう・・・ムードっていうか・・・!なんか、そういうのがあったって」「いや、そういうのあんまり思いつかなくて