エヴァンゲリオン13 スロット

エヴァンゲリオン13 スロット

 念のために外套だけは着用し、その下に山刀を吊るしてそっとペトラの家を出た

 大坑窟の壁面に作られた回廊を忍び足で歩きながら、トビアは天井より伸びる巨大な燈台に目を向けた

 とんでもないところに来てしまったな、と思う

つい先日まで、自分は山奥の小さな里で平和に暮らしていたというのに、今は人々が虐げられる地下都市に居る

 人の生はどう流れていくか分からない

運命というものの不可思議さ、理不尽さを想ってトビアは溜息をついた

 その時、視界の端を何かが翻った

 反射的に腰の山刀に手を伸ばす

あなたも好きかも:パチンコ 百花繚乱2 甘 潜伏ループ
誰かが襲い掛かってくるということはなかったが、こつん、こつん、と硬質な音が一定の間をあけて聞こえてくる

あなたも好きかも:スロット 店 2
まるでステップを踏むかのような

「まさか、見つかった……?」 危惧すべき状況だが、何故かトビアは、それほど危機感を覚えなかった

だが放置するわけにもいかず、足音のする方へ向かって可能な限り音を立てずに走っていく

あなたも好きかも:台湾 パチンコ 日本人 禁止
 なかなか距離は縮まらない

まるで彼を誘うかのように、一定の間隔で音が聞こえてくる

それが罠かもしれないと思っていたが、どうしてかトビアは、足を止める気にはならなかった

 壁面の回廊を、音のする方へ進んでいくと、大坑窟の巨大な虚空に張り出すように造られたテラスへたどり着いた

あちこち崩れかかっていて、列柱のいくつかは倒れて砕けてしまっている

元は花壇でもあったのか、枯れた花や木が渇いた土の上に無造作に転がっていた