対 魔道 学園35試験小隊 スロット 設置店

対 魔道 学園35試験小隊 スロット 設置店

面倒どころではないからである

ハルティーアたちが外を出回るのも安全面でよろしくないこと

大陸の違いももちろん、魔物の強さも違ってくる

あなたも好きかも:パチンコ 小倉優子
そもそも王族が外を出歩くということが根本的におかしい

あなたも好きかも:パチスロ 控除率
公也なんかの例は特殊な例外である

 全員が来たわけではない

あなたも好きかも:三郷 パチンコ 営業
あくまでこちらに来たい、来た方がいい人物たちが来ている状況で例えばアリルフィーラは向こうに残ってフィリアと一緒にメイド教育中のシーヴェを空いていしていたりするし、ペルシアはそもそも外のような危険地帯に出歩く気はないので城に残っている

周りに付く供としてはむしろそんなペルシアの常識的対応の方が望ましいはずだ

ハルティーアみたいな活動できなのはちょっと不安

アリルフィーラの場合はフィリアがずっとついているが安全面では微妙に不安

フィリアは一応戦闘能力は低くはないが一人だしどちらかというと裏の護衛、裏方より

そういう意味でもシーヴェがアリルフィーラに付くようになれば彼女も少しは安心できる要素が増える

まあそもそもアリルフィーラを余所に行かせるようなことにしないほうがいいわけであるが

「……できるのか?」「作り変えるくらい自由にできる……でもどう作ればいいのかはわからない」 魔法で塔の内部構造を作り替える……夢見花であれば造作もない、ただの片手間でできるような些事である

ただ彼女はそういう方面のセンスがない

今の状態から作り変えるにしても、同作り変えればいいのか、その発想がないのである

そもそもの塔の構造を思い起こせばわかるが、彼女は自分が目的を達成できる形にできればそれでいいのである

「……好きに中身を作り替えれるようにはできるか?」「私が作らなくてもいい? それなら別に……」「よし、材料はいくらでもあるし自分たちで作ろう」「ここにいるみんなで作るのかしら?」「僕らあまり労働は向いてないんだけど」「私やクラムベルトはやらないわよ? でも防備は考えておいた方がいいわね……本当にここ、人は登ってこられないの?」「侵入者は撃退してるから大丈夫」「……階層を降りてみればわかるが、その時点で出てくる魔法生物にロムニルもリーリェも多分勝てないレベルだな