ベヨネッタ スロット 感想

ベヨネッタ スロット 感想

うっかり頭にたんこぶがあるのを忘れてしまっていたのだ

やはりあれだけのたんこぶが出来ているだけはあり、余程強く叩かれたのだろう

首を振ってしまったことで、くらりと目眩がした

「…………じっとしていろ」「…………っ?!」後頭部を押さえて呻いていたその一瞬で寝台の横に歩み寄られてしまったのか、ネアはすぐ隣でそう言ったアージュの近さにぎくりと肩を揺らす

しかし彼は、素早く脱いだケープでネアの背中を覆っただけで、特に乱暴なことや攻撃をしかける様子はない

だが、ひどく静かな横顔には微かに激昂にも近いような色が過ぎり、ネアがその冷たさにぞっとしているとこちらを見てすぐにその静かな怒りの色を掻き消した

あなたも好きかも:大工のげんさん パチンコ ハマり
「…………おまけに妖精の香炉か

手の込んだことをしやがって」「…………妖精の、こうろ………」「この寝台の下に置かれた催淫剤だ

かなり強いが、…………まぁお前には効いてないようだな

俺を懐柔しようとしたのか………?いや、お前の契約の魔物に俺を殺させようとしたんだろう……」「…………催淫剤」ネアの隣に座ったものの、顔を顰めて寝台の下を覗き込んだアージュが取り出したのは、華奢な青磁色の香炉だった

あなたも好きかも:低貸 パチンコ レート
一度だけ悩ましげに深く息を吐いてから、アージュはそれをどこかに持って行くと、ざあっと浴室らしきところで水を流す音がした

(催淫剤…………ということは、……つまり、そういうことに利用せんと運び込まれたのかしら…………)ネアが呆然としている間に、アージュはまたこちらに戻ってくる

微かな水の雫の残った手を振り、捲っていた袖を下ろしながら歩いてくると、当然のように固まったままのネアの隣に腰掛けた

「ディノには、私からアージュさんは巻き込まれただけなのだと、きちんと伝えますからね」「言わなくてもあいつなら分かる

で、そのお前の契約の魔物はどうした?」「……………っ!そうです、いきなりいなくなってしまって…………」慌ててそう答えてしまい、ネアはぎくりとして両手で口元を覆うと、そろりとアージュを見上げた

こちらを見下ろした瞳は鮮やかで強い