マジック・ジャーニー

マジック・ジャーニー

いや、逆に殴られるものだと

 反町は蹌踉けた体制のまま顔を伏せていたが、「……つぅ」と軽く言葉を漏らすとずれた眼鏡を上げて整え、口元を手の甲で押さえて背中を伸ばした

「……これで満足か?」 不快げに問われたが、相川はボー然としている

みんなもそうだ

 反町は顔を上げることなく、手の甲で口元を押さえたまま――

「……、部活にはちゃんと来い

……いいな」 相川はオロオロと戸惑っていたが、反町は少しふらつきながらその横を通り過ぎた

あなたも好きかも:ヴァルヴレイヴ パチンコ 潜伏抜け
「……誰一人欠けても、駄目なんだ

……おまえみたいなヤツでも」「……」「……諦めてないから

あなたも好きかも:日高 パチンコ ジャム
……、絶対、……絶対、なんとかする……

……望みが叶うなら、なんだってする

あなたも好きかも:ヤマト 単発 パチンコ
……どんなことだって……」 そのまま屋上をあとにする反町に、洋一と一平がすぐに追い、相川は握り締めたままの拳を見下ろした

――まだジンジンと痛い

勝則は深く息を吐いて傍に寄ると、苦笑気味に肩に手を置いた

「……おまえの負けだよ」 優しく告げると、相川は段々と顔を歪め、みんながいるのも構わずにボロボロと涙を溢した