ロシアン ルーレット

ロシアン ルーレット

「先生のものだったらあるけど」「ちょっと貸してよ」「イヤよ

個人的な物なんだから」「いいじゃん

隠し事する仲じゃないんだしさ」 彼女の背後に寄って後ろから腰に手を回し、耳元に吐息を吹きかけつつ囁く

女医はじっとりと目を細めて洋一の手をパンッと叩き落とすとデスクに向かった

「そういうことをここで言うんじゃないの」「ねー、ちょっとだけでいいからさー」 ニコニコ顔で軽快にあとを追って詰め寄り横に並ぶと、女医は「う……」と気まずく身を引いた

あなたも好きかも:うる星やつら パチンコ 設定
「で、出たわね、その……“ちょっとだけ”」「ちょーっとだけっ

ねっ?」 愛想のいい笑顔で首を斜めに傾ける洋一に、女医は目を細め、間を置いてため息を吐く

ちょっとだけよ?」「うんうん

ちょっとちょっと」 女医は「ったく……」と呆れつつ、机の横に立て掛けてあったノートパソコンを引っ張り上げて空いているスペースに置いた

あなたも好きかも:パチンコ マックス 黒部
「ネット、出来る?」「出来るわよ

あなたも好きかも:エディオン ゲーム機 保証
……ネットを使いたいの?」「そ」「ったく……

授業をさぼって何をしたいのかと思えば……」「じゃ、あとでベッド」 スパンッ、と、椅子に腰掛けた洋一の頭を後ろから容赦なく叩く

 洋一は「いてて」と首を縮めながら、電源の入ったパソコンのモニターを覗き込んだ

「……えー……と」「何を調べるの?」「センセエの為に……エッチなサイト」「……

やめなさい」「うっそーん

……けど、勉強しとかなくていい?」「……」「うっそーん」 睨む女医の気配を感じながら愉快げに笑い、マウスを動かす

「んーと……

……確か……」 サイト検索をしていきながら一つ一つ確かめつつ、横から覗いて来る女医を窺った