スロット 珍台 東京

スロット 珍台 東京

Bloggerの推奨事項:

  • ドラクエ 7 3ds
  • レーザーブレード
  • オンラインゲーム まったり
  • 北斗の拳 新台
  • サイレントヒル 海外
  • あなたも好きかも:レット イット ライド
    他の獣は大したことがない、あるいは事前に見た獣と同じ程度の獣だからか次の獣を見ても大した影響がないようなものだったが、今回の獣は桁違いの汚染度合いである

     幸いなことに遠方で公也と怪物の戦いを見ている観客である生き残りの住人は距離が遠いがゆえに精神的な汚染は対してなく、無事だがかなり近づけばその異様さ、恐怖、狂気、そういったものによる精神汚染で混乱し酷いことになっただろう

    そういう点では距離を離せば大したことがないというのはありがたいところだ

    まあ遠方ならはっきり見えにくいというのもある

    相手の巨大さゆえにそれなりに見えるにしても、ちょっとは遠いがゆえにまぎれる部分はあるだろう

    公也は間近で見ているがそのあたりの精神性はまあまあ強い……ある意味では見たことのある、近いイメージの存在を知っているから覚悟ができている部分はあるのかもしれない

    もっともそれでも強烈な精神汚染の影響はなかなか厳しいものがあるだろう

    「生物には火……だけど耐性がある、なら……風の刃、大いなる斬撃にて! ウインドスラッシュ!」 巨大な風の刃が獣を襲う

    しかしその刃もそこまで深く傷をつけない

    獣肉体は巨大で筋肉質、かなり硬く肉の密度も高いらしい

    あなたも好きかも:カジノ・ゾンビ
    血は赤いらしい

    それだけはまだこの世の生物らしさを見せてくれて少しホッとするところである

    「……大した、ダメージ、じゃないみたい、だなっ! しかし流石に傷つければ攻撃が! 苛烈になるか!」 自らを傷つけた公也に対し、それほど大きな脅威にはならないかもしれないが流石に怒りを感じたのか……あるいはこれ以上の攻撃ができるかもしれないと危険を感じたのか、職種による攻撃は苛烈になる

    もっとも高く高く飛び上がる公也に地上からの攻撃では届く距離、攻撃範囲の限界が存在する

    ゆえに公也はそこまで危険を感じない

    もしかしたら飛び上がることができるかもしれないが……そればかりはどうにかして対応するしかないくらいで他は今のところ大丈夫だ

    「……火、じゃあ逆……どれだけの規模なら動けなくできるか? 漫画とかならよく見るけど、そもそもどこまで抑え込めるかな

    ああ、でも氷河とか相当だしむりなわけじゃないのか……? なら………………規模が桁違いになるが……」 相手の攻撃を避けながら上空へと退避、そして詠唱を始める