東京 カジノ ルーレット

東京 カジノ ルーレット

彼女は感情表現が拙いだけで、確かに心を持っているのだ

しかも、どうやら、女性的なものであるらしいことは、彼女の反応からも窺える

「いい子だ」「早く点検してください」「任せ給え」 ウルクに急かされて、ミドガルドは苦笑とともに調整器の蓋を閉じた

 一見すると金属でできた棺桶のように見せるそれは、ミドガルドら魔晶技術者の叡智の結晶とでもいうべき代物であり、魔晶人形ウルクの運用に必要不可欠なものだった

魔晶人形が発する波光から躯体の内部に異常がないかを点検し、心核から流れ出る波光量の調整を行うことを主な機能としているのだが、これがなくては魔晶人形など怖くて運用できないに違いなかった

躯体内部に不具合があれば一発でわかるし、躯体内部の微調整に関してはミドガルド自身が腕を振るうことになる

あなたも好きかも:スロット つまらない
が、ガンディアに到着して以来、ウルクの躯体内部に異常が見つかったことはなかった

あなたも好きかも:天外魔境 スロット
むしろ健康そのものといっていいくらいのものであり、調整器による点検など不要ではないかと思うこともしばしばだった

もちろん、そんな理由で定期的な点検を行わなくなれば簡単に壊れて動かなくなるのが精密機械というものであり、魔晶人形というものだ

 小型端末に表示される数字を資料に書き込みながら、ミドガルドは、ウルクの中に少女いるらしいということを思い出して、微笑んだ

 ウルクが無感情な存在ではないということを思い始めたのは、つい数カ月前のことだ

それまでは、彼女に感情らしい感情を見出すことができなかったこともあって、ただ自我が芽生えただけなのだと思い込んでいた

思い込みというのは恐ろしいもので、一度これと思い込んでしまうと、それ以外の可能性に一切目を向けなくなるのだ

あなたも好きかも:パチスロ 人気店
技術者として、研究者としてあるまじきことなのだが、こと、ウルクのこととなると、仕方のないところもあった

そもそも、魔晶人形に自我が発生すること自体、ありえないことだったのだ