ブラックジャック 盆カレー

ブラックジャック 盆カレー

それはあくまで使うことによる自然的な変化かもしれないが、それは武器、防具、道具の経験として、その物の生によって得られたもの、変化したもの、成長したものとなる

それまでのそれらは失われ、これからのそれらも失われる

それがプルートによる死の力による武器などへの影響だ

「ああもう! 殴ってこられるとすごくやりづらい! 力も使いづらいし!」「あたりまえなのです! まともに力を使わせればこっちは危ないのです!」 基本的にメルシーネが一方的に殴りプルートがそれを何とか防御する、というのが現状だ

肉体的には曖昧で一応多少攻撃を受ける程度は何とかなるのだがそれでも痛いものは痛い

力を溜めメルシーネに死の力を振るうこともあるが、メルシーネは避けて対処している

流石に死の力を受ければメルシーネとて死ぬ

「しかし困ったもんだ……」「困った、じゃすまないぞ

あなたも好きかも:入間 スロット bb
どうするんだ?」「精霊が暴れている……いや、戦えているが……」 見守っているエルフたちは困った様子だ

あなたも好きかも:パチンコ ルパン三世 消されたルパン 新雷雲モード
とはいえ、アルディーノとエルフの村のエルフでは困ったことが違う

「いや、それも困った話だけど、まさかキミヤ君が殺されるとは……」「ただの人間だろう

あなたも好きかも:千種 パチンコ 事件
死んだところで大きな問題はあるまい」「ああ、アルディーノの知り合いだったから確かに説明には困るか?」「…………彼、一国の王様なんだよ

信じられないかもしれないけど」「……………………なんだと?」 公也の最大の問題はやはりアンデールの王であるという点

アンデールの王である公也がいなくなればアンデールの地のことで大きな問題となる

特に関係三国にとっては

また公也が持ち得るもろもろの財産、それ以外の魔物関連の問題もまた

妖精境だって大きな問題となり得る部分だろう

そもそも王がエルフを助けに行ったら死んだ、とかエルフ側にとっても問題ではないだろうか