熊本 スロット 爆サイ

熊本 スロット 爆サイ

 当たり前だ

 もう俺たちの魂は、ライナーの胸に移った

 向こうに意識が移っていくのは、当たり前

 いま手渡した手も、いま叫んだ喉も

ここまで生き抜いた俺の血肉の全てが、魔力の粒子に変換されて、この100層に沁み込むように消え始める

 終わりだ

あなたも好きかも:ヤマダ電機 延長保証 ゲーム機
これから、俺も憧れのセルドラさんと同じ道を通って、【ローレライ】やヘルミナさんたちがいるところまで行く

あなたも好きかも:札幌 パチンコ 7のつく日
 その消える俺に託されたライナーは、神妙に頷き返した

 受け取った魔石三つを手にして、背を向ける

「頼まれました、ご先祖様

あとはライナー・『ヘルヴィルシャイン』に、お任せください

双剣の騎士の伝説は、まだまだ続きます

あなたも好きかも:パチンコ 無駄打ち
必ず、繋げていきます――」「ぁ、ぁあ……、た、頼……――」 もう喉から声は響かない

 だが、託した魔石たちがライナーの身体に共鳴していくのを、瞳は薄らとだが映した

 『親和』と言えるほど重なってはいない