モンパレ ルーレット ランクアップ

モンパレ ルーレット ランクアップ

ドラゴンたちは紛れもなく本物であるようで、さらには周囲の空には竜騎士団の騎竜たちが飛び回っていたのである

あなたも好きかも:パチスロ 北斗の拳 強敵 解析
 それは彼らが知っている騎竜たちよりもどこか荒々しい気配を漂わせており、二体のドラゴンを護るかのように威嚇もしていたのである

「なんだ、これは?」  その光景を見て、キャンサー家重鎮のひとりであるモア・キャンサーが呆然とした顔で呟いていた

 彼は昨日まで悪魔討伐の遠征に出ていて、王都に帰ってきたのもつい半日前のことだった

故にブラックポーションのことも、悪魔のことも、また神獣事件についても彼は部下から伝え聞いた以上のことは知らない

 だから八尾の黄金竜が神獣事件の際に空を飛んでいたドラゴンの一体だということも知らぬし、水晶の鎧に護られた青いドラゴンが何者なのかも当然分からなかった

 また、屋敷がなぜキラキラしているのかも彼にはまったく分からない

あなたも好きかも:ピグパ カジノ
目の前にあるすべてが、彼には異常なものとして映っていた

 続いてモアは、他の者の反応を見ようと周囲を見回してみたのだが、モアと同じく呆気に取られている者もほとんどではあったが、驚きつつも何かしらの覚悟が決まった、或いは諦めた顔をした者たちもちらほらと入り交じっているように見えた

(何かしら事情を知っている者もいるようだが……) それも確認した限りでは、ローア派の者たちにその傾向が強いように感じられた

あなたも好きかも:パチスロ ガルパン 評判
一体、キャンサー家に何が起こっているのか……ますます困惑するモアに、後ろからとある人物が声をかけてきた

「おお、来たかモアよ」 そして振り向いたモアの視界に映ったのは、見知ったエルフの老人の顔であった

それはローア派に次ぐ派閥のトップであり、ゼクウの片腕とも称されていたモルガン・キャンサーその人である

「モルガン爺か