寸止め ルーレット

寸止め ルーレット

「何で……!」「うん?」「何で、こんな半可者(はんかもの)にアタシは負けたのよ!」「…………」 タガネは呆れていた

 志が高い者ほど視野狭窄になる

突き詰めて行く内に、その手段の正誤を問わず、歪んだ価値観で物事の推進を図る傾向がよくあった

 マリアは、それが顕著だった

あなたも好きかも:スロット 初代北斗 打ち方
 剣の腕なら優劣を計ること自体が不遜な位階

 ただ、それは生来の実力

 磨かずに振るって来ただけで努力の蓄積がない、原(・)石(・)の(・)ま(・)ま(・)の才能だった

もしかすると、腕を鍛える積もりで剣を振れば、タガネを超えるほどに前途は明るいだろう

 単なる傲慢だった

あなたも好きかも:めぞん一刻 パチンコ 曲 cd
 そのままで誰にでも勝てる、という

 そして、タガネに敗北してからも変わらない

 タガネはため息を一つ吐く

あなたも好きかも:パチンコ 春日部 夢らんど
 足でマリアを蹴って突き放した

尻餅を突いた彼女に、剣を鞘に納めながら睨め下ろす

「救いようが無いな」「なっ……!」「おまえさんこそ半可者だろう」「アタシがそんなわけ……」「ヴリトラに灸を据えられちまえ」 タガネは、今度こそ隣を過ぎ去った

 背後からは小さな歔唏(きょき)が聞こえる

それも足を止める枷にはならない

 一階にあると聞く侍女長の執務室まで向かった