ガルパン 曲 スロット

ガルパン 曲 スロット

あなたも好きかも:パチンコ マクロス3 199
「……みんなは?」「犯人を探しに行ってる

オレたちも行くから」「……

私も行く」 無理かも知れない、と、なんとなくわかってはいても口を尖らせて訴える

だが、やはり反町は頭を縦には振らない

「ゆっくりしてろ」「……、大丈夫だもん……」「じゃないから」 悲しげに俯く優樹の頭を軽く撫で、おとなしく窺っているだけの椎名に目を向けた

「先生、優樹と一平のこと、頼みます」「う、うん……

……あ、あのぉー……あんまりムチャしないでねぇー?」 心配げに、それでも笑顔を取り繕う椎名に「はい」と返事をして椅子を立つ

優樹は、同じく立ち上がった立花と達也、そして反町を見て自分も立ち上がろうとしたが、やはり反町に肩を押さえられてしまった

「おとなしくしてて」「……

どこも痛くないし、平気だから……」「そうじゃない

……もう、危ない目に遭わせたくないんだ」 心配げに見つめる彼の目が本当に悲しそう――

あなたも好きかも:ドラクエ10 カジノ スロット 攻略
優樹は何も言えずに口を噤んで俯いた

あなたも好きかも:ゲーム機 壁紙
「……ここで待ってて

……なにかあったら、ケイタイに電話くれたらすぐに戻って来るよ」 優樹は寂しげに目を細めていたが、「おまえがいたら邪魔になるだけなんだ、じっとしてろ」 と、立花に無愛想に鼻であしらわれ、ムッと頬を膨らませた

邪魔になるのは自分でもわかっているが、そう直接言われると、やはり腹が立つ

 達也が「行くぞ」と部室のドアを開けて外に出ると、立花もそのあとに続き、反町は苦笑気味にふて腐れる優樹の頭を軽く撫でた

「みんなが怪我しないこと、祈ってて」 優樹は口を尖らせるが、反町はそれ以上何も言うことなく笑顔で手を振り部室を出ていってしまった