クラップスルール

クラップスルール

父親が船乗りだったこともあって、船に詳しかったから、船の改良についてもアドバイスできたからね

 おかげで、円卓の騎士の末席に名を連ねることが許されて、男爵の爵位までもらうことが出来た

強力な身分社会のキャメロニアでは異例の出世となって現在に至る訳だけど……(何で俺が案内人やらされるんだよ?) そう、進言が受け入れられたのは良かったんだけど、なぜか俺が案内することに

よく考えたら当たり前の結果なんだけど、その時の俺は気付いてなかったらしい

あなたも好きかも:abc パチンコ アプリ
 まあ、成功したら子爵に出世できるし、領地ももらえるから、俺のスローライフの夢に大きく前進することができる

そしたら、綺麗で可愛い奥さんをもらえるかもしれない

あなたも好きかも:バカラ 過敏
この世界は多夫多妻OKだから、もしかしたらハーレムも夢じゃないかもね

 もちろん、奴隷にされる人々を見て、酷いことしてるなあって思うけど、チートでもない俺が出来ることなんて何もない

案内人ということもあって、どこか傍観者面して、現実から目を背けて責任逃れしているのだろう

 計画では、この島は、補給基地にしようとしただけで、勝手に略奪を始めたのはあいつらだけど、そもそも俺がこんな計画を進言しなければ、こんなことにならなかった訳で、俺の責任はないとは言えないのにな

 そんなことを考えていたからかな

 突然、黒目黒髪の美少女が現れて、パーシヴァルさまを含めてキャメロニア兵をあっという間に無力化してゆく中、俺は彼女の前に飛び出し土下座して頼んだんだ

あなたも好きかも:パチンコ 元住吉 営業時間
「どうかお仕置きしてください」ってね

 ははっ、彼女の引きつった顔が忘れられない

この変態野郎って見下された感じが最高だったね

「どうかお仕置きしてください」 キャメロニアの海賊どもを無力化していたら、突然一人の男が私の前に飛び出して、こんなことをのたまった

「……は? ここはそういうお店じゃないんだけど?」 美少女にお仕置きするなら喜んでやらせてもらうけど、男に興味はない