デッドマンワンダーランド スロット スペック

デッドマンワンダーランド スロット スペック

大体、どうやってこれだけの量を食べるつもり?」「朝までは3人だったけど、今は7人になった

残りは、薫製にすればいい」 マンション近くの公園

 古ぼけた一斗缶の下を開け、針金を上に通し肉を吊す

 下にはチップを置き、火を灯す

あなたも好きかも:スロット ホッパー
 後は缶に開けた穴から煙が出て、いい感じになっていく

 なんというのか、これだけで十分楽しいな

あなたも好きかも:闇芝居 スロット 打ち方
「薫製って、時間掛かりません?」「どうせ暇なんだし、一日番をしてるさ」 お昼を少し過ぎた辺り

   私達は学校を早退してきたから、時間は余っている

 大人の彼が、どうして時間が余っているかは知らないが

「シベリアで捕まえた鹿肉を、こうして保存したんだよ

ビタミンを摂るために、生で食べた方が多いけどね」「美味しいんですか」「まさか

でも、死ぬよりはましだから」 嫌そうに笑う瞬さん

あなたも好きかも:パチンコ クズエピソード
 ショウはぼんやりと、立ち上る薫製の煙を眺めている

「まあ、負けられるっていうのは贅沢な話さ

戦場で負けてたら、俺はこうして肉を焼いてない」 一瞬浮かぶ、凄惨な表情

 彼の言う勝ち負けは、私達が口にするそれとは根本的に意味が違う

 勝ちは生き残る事

 負けはすなわち、死に通じる