スロット 鬼ヶ島 データ

スロット 鬼ヶ島 データ

Bloggerの推奨事項:

  • クトゥルフ神話trpg youtube
  • ゲオ の 買取
  • サラリーマン パチンコ
  • モンハンワールド 評価 海外
  • パチスロライター
  • あの傷、なんやと思う?」「傷?」「ほら、あそこや」 指を差された相川は、顔をしかめて首を傾げた

    「……どれのことだよ? 全然わかんねぇし」「ちょっ、こっち来てみぃ」 大介は相川を引っ張ると、三番目のトイレに押し入れた

    「登って、あっちの壁を見てみたらわかる

    さっき行ったトイレにはなかってん」 相川は小首を傾げながらも、「っしょ」と壁の上へとジャンプして掴まった、が

    「!?」 バッと手を離して下りると、両手のひらを見た

    「ゲーッ!! 汚れちまっただろーっ!!」 不愉快そうな相川の言葉で、大介も気が付いて手を見た

    あなたも好きかも:パチンコ ビートマニア
    ……真っ黒になっている

    あなたも好きかも:パチスロ 四 号機 名 機
     相川はすぐに手を洗うべく、手洗い場で水を流した

    「きたねぇなーっ! 汚れてるじゃんかーっ!」 大介は怒る相川には気を向けず、何やら不満げな顔をした

    「……せやけど、あの傷は……」「ただ、壁が欠けてるだけなんだろっ? なんの関係があるんだよっ」「まぁ……ちょっと気になっただけで」「別のコト調べろってーのっ」「別のンて?」「目撃者をもっと探す、とかっ」「ンじゃおまえ、探してこい」 顎をしゃくられ、相川はムッと口をとがらしていたが、「行こうぜ!」と、愛想尽かしたように勝則を引っ張り出て行った

     大介はため息を吐くと、鈴菜が一人見守る中、その後も三番目のトイレ内を見回した

     ――変わったところは何もない

    ……あの“壁の傷”以外

     大介は大きくため息を吐くと、待っているだけの鈴菜を振り返った

    「ほな……次、おまえが閉じ込められたトコに連れて行ってくれるか?」「あ、はい

    わかりました」 手を洗ってから、一度、隣の男子トイレに顔を出し、清掃員に「お邪魔しましたー」と声を掛け、鈴菜の案内で校内を歩く

     「うーん……」と腕を組んで悩む大介に、斜め前を歩いていた鈴菜は少し気を向けた

    「……何かわかりそうですか?」「せやなあ……、なんか……引っ掛かっとンねんけどなあ……」「わかるといいですね」「せやねんなあ……」 鈴菜のあとについてやって来た一階のトイレは、既に清掃は終わっているらしく、清掃用員もいなかった